Entry

Tag: モルド狩り

0012-03 (0025)

「我々の目的はモルドと名付けられた粘塊質の物体の討伐である。討伐とはいえ、駆逐が最大目標であるが、現状それらは胞子による繁殖を行い、どんどんとその数を増やしている為にそれは困難の様相を呈する。モルドが、驚異的な繁殖スピードもさることながら人を襲うという性質を持つ以上、我々としてもおいそれと見過ごすわけには行かないが為に、今回諸君等の助勢を得る事となり──」
 云々。討伐隊の隊長様とやらの有難いお言葉が延々と続く。
 つまり要約するとこうだ。テュパンの街から東へと伸びる大街道、それと平行して現れる森林地帯、その中に棲み付き増殖を繰り返す粘塊質、モルド。これを出来るだけ叩きたい。
「ん~、胞子ってことは細胞分裂で増えるタイプじゃないんだ。良かったよねそっちで。分裂で増えるタイプなんて云われたら、打撃なんて全然出来ないもんね。殴るたんびに新しくなっちゃうし。一個ずつ焼くか凍らすかしないと倒せなかっただろうし」
 まったく良かったよねぇ。良いわけあるか。
 隊長殿の声を邪魔しない様呟かれたチャクの声にこれまた小声で返した頃、有難いお言葉は漸く終盤に差し掛かったらしかった。

 モルドが現れた際には出来るだけダメージを与えながらも、自らの身を最優先とすべし。そう締めくくられた後、俺達(全部で数十人の、小隊規模だ)は、さらに数人ずつのグループを組んだ後、森林内部へとばらけた。ばらけたとはいえ、声さえ張り上げれば十分連絡の取れる間隔しか空いていない。モルドを発見したらば、或いは誰かに何かあったらば、即座に廻りの人間がフォローに走れる様にだ。
「んね、ぼく重大な事実に気付いたんだけど」
 辺りに警戒の視線を向けながら、チャクがぽつり、口を開いた。俺は黙って、先を促す。
「ひょっとしてさ。──今日って、野宿?」
「だろうな」
 訝しげに声のトーンを落として訊いてきたチャクに、俺はあっさりと返した。今更何を云うのか。そんなもの、依頼書に書かれていた拘束時間を考えれば判る筈だ。
 しかし、その簡単に判る筈のものを、こいつは見事に見逃していたのだろう。ええええ~と不満げな声を上げた。
「ぼく今日本一冊も持ってきてないよ。んも~。失敗したなぁ~」
 ……どうやら、本が無くても(少なくとも)死にはしないらしい。
「お前、どうして毎晩あんなにしてから寝るんだ? 持ち運びの点から考えたって、あれだけの本、嵩張るだけで良い事は何もないだろうに」
「ん~、そうなんだけどねぇ、どうもぼくは」
 居たぞ! 群れだ!! 突然上がった叫び声に中断される。
「まぁ、そのうち訊かせてくれ」
「別におもしろいのでもないと思うけど、いいよ。そのうちね~」
 チャクは杖を構え、俺は脇差(先般市場で手に入れた)をいつでも抜ける様柄を握り、そして声の方へと走った。

 モルドは、確かに耐久性はない。一度ダメージを入れてしまえば、その動きを止める。だが。
「んも~、これやっぱり蒸発させないとダメ?」
 チャクの雷鳴召喚(コールライトニング)で飛び散った破片から。脇差に付いた僅かな液体部分を振り払った先の地面から。そいつらは、集約してまた1つに固まっていく。

0013-01 (0026)

 叩いても叩いても、モルドは幾らでも形を元に戻していく。俺とチャクだけじゃなく、辺りの連中(多分同業者)も、段々とうんざりしかかっていた。移動しては殴り、殴り倒しては移動しという一連を、どれだけ繰り返しただろう。
 突然、モルドの動きが変化した。集まってる! それは誰が発した驚きの声だったか。個体数で勝負する事に限界を感じたのか、モルドの破片が続々とひとつに集まりだしたのだ。
「…あれに斬りかかるのは面倒そうだな」
「んん、一部分凍らす事は出来ても、全部ってのは大変そうだねぇ」
 喋りながら、俺は脇にいたモルドを散らし、チャクは目前のモルドを凍らせた。
 慣れてしまえばモルドの扱いは非常に楽だ。勿論切ってもすぐ戻るという点を無視した状態でではあるが。事実、今回チャクは何者からもダメージを負っていない様だった。……もしかしたら初めてじゃないのか?
「各員、巨大化中のモルドより待避!」
 胴間声が響いた。どうやら士団の人間の様だ。その男の脇から、1m程の筒を持った衛士が現れる。筒の先端には細長い紐。
「…あれ使っちゃって、この森火事にならないかな?」
「なんだって?」
 チャクはあの筒がなんなのか知っているらしい。問おうとしたら「熱気浴(サウナ)が好きならいいけど、そうじゃないならもちょっと離れた方がいいかも」と云い残し、自分はさっさとモルドから遠くへと移動していく。訳も判らず俺もチャクに倣った。
 巨大モルドの周辺が円形状に空いた。胴間声の男と衛士とが互いに頷き合う。すると衛士は筒先端の紐をぐいっとひっぱると、槍投げのモーションでモルドに向かって投げつけた。

「…アレ狙いでの掃討だってなら、先にそう伝えておくべきじゃないのか?」
「いいんじゃない? 誰も怪我してなさそうだし」
 モルドに当った筒はまず閃光を発した。それに思わず腕で目を庇うと、轟音と共に熱風がやって来た。細く目を開ければ、巻き上がる炎と蒸発していくモルド。そうしてまた、静寂が戻る。
「見ての通りだ」男が辺りの人間に向かって声を張り上げる。「モルドはある程度の損傷を与えると、ああして個体を守ろうとする。それを待って焼き尽くす。掃討は筒が尽きるまでだ。さあ! 次へ向かうぞ!」
 おおと腕を突き上げる男(一人で盛り上がってるな)の声に従って、他の群れを探しにその場を離れる。
「良かったな。働き次第で野宿は回避出来そうだぞ」
「んでも、筒って後何本あるのかわからないじゃん~。こんなに面倒だと思わなかったのになぁもぅ」

 結局、その後4度程轟音を響き渡らせたところで、掃討は終了した。したが、時刻は真夜中。テュパンに戻った頃には、見事に夜が明けていた。チャクはもう、昼過ぎまで寝るつもり満々らしい。今日テュパンを起って他に行くんじゃないのか?と釘を指しておいて、市場通りに差し掛かったところで別れた。オークションに入札をしていたからだ。
 さすがに眠い。俺も昼まで寝ようか。

Pagination

  • Newer
  • Older
  • Page
  • 1

Utility

Calendar

04 2024.05 06
SMTWTFS
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Tag Crouds