Entry

Tag: パーティーの組み方

0003-04 (0007)

 昨夜あの会話を交わした次の日がこの講座だとはなと思いつつ、今日も今日とて客間で茶を飲んでいる。そろそろ全種類制覇しそうな勢いだが、つまりこの洋館の各客間に茶葉の種類が豊富な訳は、そして更にその豊富な茶葉にやたらハーブティーが多い訳は、出来る限り精神を落ち着けて貰おうという養成所の願望が滲み出ているのだろう。因みに今日は3時間待った。段々自分の忍耐力に感心する。
 …もしかすると、それを鍛える意図があるのか? …まさかな。ひとまず、明日は4時間なんて事が無いように祈ろう。そうでないと、ここに戻ってくる時間がいつになるやら検討がつかなくなる。いや勿論、精神衛生上の問題も多分に有るが。

 今回も、受付の女性は息を切らせていた。駆けずり回って貰うのは確かに申し訳ないが、こちらとて十分過ぎる程に時間をロスしているので、特にそれを気に病む事は無いだろうと勝手に決めつける。
 今日の講師はベルグと云った。ウィザードだ。客間に現れるやいなや何とも不遜な表情で俺を眺めやった後、時間が無いから急ぐぞと告げ、さっさと歩き出してしまった。受付の女性に軽く頭を下げた後、俺もその後を追う。

 パーティを組みたいのならば、と、足早に歩を進める中(どうやら海辺へと向かっているらしい事は判った)、簡単な講義が始まった。大抵、各街には冒険者専用の様な酒場が有り、パーティメンバーの募集はそこでかけられているそうだ。やりとりは主に、掲示板に貼られたメモ。その中から条件に合った物を探し、そのメモを交渉の意志として指定の場所で話し合いミーティング、そこで合意が取れればめでたく結成…という訳だとか。《虹色の夜》以降、所謂“冒険者”向けの設備やらの充実度が飛躍的に上がったのと同時に、こういったある種のシステムの確立もまた加速度的だったのだそうだ。つい最近この大陸に来たばかりの俺にとっては、そんな苦労話(とはまた違うが)を聞かされたところで「はぁ」としか云い様がないのだが。
「気のない返事だな。さて次はパーティを組む際の注意点だが……その前に来客だ」
 前方からやってくるのは、固い殻を持っているであろう青いザリガニ。向かってくるのに合わせて、俺は小刀を構えた。やられたら時やり返せればという位に、防御に目一杯気持ちを持って。

 果たして、俺の行動は正しかった。何故ならばベルグが放った激しい炎ヴォルカニックフレアによって、ザリガニ達は鮮やかな赤にその殻の色を変えていたのだから(多少火加減の問題で焦げ付いては居たがそれはそれは食欲をそそる色だった)。しかし重ねて云うが、この講師達が俺達ヒヨコに向けた意図というものが全く読めない。普通こういう時は、余程こちらがピンチにならない限りは、出来るだけ力量を弱い方に合わせた状態で闘う物じゃないか?
「何だ、何か云いたげな顔だな。……まぁ良い。今のブルーロブスターは……」
 刃物の立ちづらい、固い物質を持った輩を相手にする時は魔法が有効だ。だからと云って、魔法使いばかりをメンバーに集めてしまっては脆さが全面に出てしまう。つまりパーティというものは、個々の能力を旨く集め、バランスを取ることが寛容なのだ。
 ――云っている内容の重要性はとても解るのだが、果たして、俺がその「相手の硬さを認識する」前に、すぱかーんと(リトゥエ談)この男が焼き払ってしまう理由になるのだろうか。
「さて」
 暫く歩いた後に、ベルグはぴたりとその足を止めた。
「――何か、待ってるんですか」
「ああ。多分そろそろ来るはずだ。さっきアレを片付けたからな。――そら」
 遠目に、自然に生まれた波とは違うものを見つけた。アレはどうみても、海中から何かがやってくる前触れだ。

0004-01 (0008)

「ルリエフナイト、という」
 ゆっくりと姿を現していくそいつに目線を据えたまま、ベルグが俺に告げる。
「アレは見ての通り装甲が硬い。お前の小刀程度ではろくなダメージは通らんだろう。俺が魔法でしとめる。お前は俺の壁になれ」
 勝手な事を云い放つと、ベルグは俺が文句を云う隙間も許さずに、詠唱準備に入った。
 海中からやって来たそれは“ナイト”と冠されてはいるが、まぁ、ぶっちゃけた話“カニ”だった。ただしその身体を覆う甲羅は食欲をそそる赤ではなく、陽光を多分に反射し(それは頼んでもいないのに、西日の強さをこれでもかと教えてくれた)薄く朱に染まっている。多分日中の光には青白く――曇らせた白銀の様に見えるのかもしれない。そう、騎士の甲冑さながらに。成程そう考えると、この巨体(俺が3人並べる程の横幅がある)に相応しいサイズの鋏は、騎士の持つ槍と評してもおかしくはない。
 勿論、勿体ぶった説明を付けたところで、カニはカニだが。

 簡単に片付けてしまったが、戦闘はといえばそうは問屋が卸さなかった。俺が先程内心呟いた声を聞いたのか否か、ベルグの放った雷撃呪文(プラズマハープーン)は、騎士、いやカニの甲羅を一直線に目指したものの、その鈍く輝く白銀(さすがにこの装飾過多な云い回しにも飽きてきたな)に、見事な屈折率を見せられたのだ。何故先刻の海老の様に焼いてやらなかったんだと心中で悪態を付きながら、俺はやや大仰にカニの前に立ち塞がった。
 ベルグの云うとおり、俺の構える小刀ダガー程度では何の役にも立たない。通って目玉位だろうが、それを狙っていける程の腕は今の俺には(悔しい事だが)無い。となれば、俺の集中すべきはあのバカでかい鋏ただ一点。アレの目標になりながらも、出来る限り自分へのダメージを低く抑える事こそが、今俺に出来る役目だ。
 カニの初撃は、まずその分厚さを利用した打撃だった。標的になるべく小刀を振るった直後、すぐさま腕を縮め、やってくるであろう荷重を減らす。重く痺れの来そうな一撃ではあったが、これはしっかりとした認識を持ったまま堪えられた。そして背後から俺を飛び越える様に冷気が走る。――それに、俺の意識が緩んだ。
 思えば、この講師陣が何かやらかした後何事も無く向かってくる魔獣というものに、俺は出会った事が無かったのだ。全て一撃の元に屠られ、飛ばされ、或いは焼かれ――後には死骸が残るのみ。
 しかし、何事にも例外という物はあり、今回はそれが当てはまった。
 冷気に晒され一時動きを止めたカニに息を吐いた数瞬後、尖った切っ先が腹を抉り込む様に唸りを上げた。当然崩れた状態から防御に持っていける余裕は無く、思わず翳したダガーがカニの腕(…と云うのだろうか)を多少かすめたのとほぼ同時に、俺は見事に吹き飛ばされた。腹の熱さが痛みに変わる直前、倒れた俺の頭上を今日2度目の炎が走った。そして今度こそ、カニは息絶え、動きを止めた。
「まぁ、気を失わなかっただけ上出来だ」
 回復薬らしい液体の入った小ビンを俺に投げて寄越すと、ベルグは何事もなかったかの様にカニの死骸へと近づいていき、その鋏をもいだ。今回の換金アイテムは、俺の腹(と、弓と同時に買った鞣し革の服)を抉ったあの憎々しい鋏であるらしい。
「動けるか?」
 なんとか、と答えると、用事は済んだから戻るという。その意見には全く持って賛成(何せ、この抉られて出来た上衣の大穴をとっとと直さねばならない)であったので、一も二もなく付いていく。
「そうだ、云い忘れていたが」
 俺の腹を見ながらベルグが云う。職人系クラスの人間がパーティに居れば、こういった修繕を旨くこなしてくれるのだという。成程、俺に出来る修繕なんて、この穴をなんとか塞ぐ程度だが、専門知識の有る人間には、新品の様な状態に持っていく事も可能だろう。他、商人系クラスの人間が居れば、戦利品の換金や装備の下請けに有利であるとか、突然生活密着型の情報を教わった。同時に、メンバーが多い事での簡単な気の遣い方も。…まさかこの男に気遣いを説かれるとは思わなかったが。

 洋館に着くと、ベルグは「メイアに鋏を売ってくる」と、すたすた先に行ってしまった。そういえば昨日のハナさんもあの椰子の実を「メイア」に渡すと云っていた。…道具引き取りの人員に、メイアという人でも居るのだろうか。
 勿論、今の俺にはそんな事よりも服の修繕の方が大問題であったので、早々に部屋に引き籠もった。明日までにはなんとか形にしないといけない。

Pagination

  • Newer
  • Older
  • Page
  • 1

Utility

Calendar

04 2024.05 06
SMTWTFS
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Tag Crouds