Entry

Category: 小話

B7ちょろっと。

真っ先に白水晶見つけたので、戻って開けまくった後、B5→B3の道を踏破中。Lvは28。

B3南東で十分稼げる気がするので、またB7踏破が遅れそうな予感。
まだ第2層、1階+αしか動いてないっつーのもなんだなあ(笑)

ちなみに、サブPTは現在、イウ/カキクで磁軸で6F→西小部屋で伐採→帰還です。
運が悪いと後衛の誰かが死ぬけど、儲けの方が大きい。
こうなってくると、ケコの二人は採掘レンジャーか何かに作り替えた方が良いのかも知れないとさえ思う。ちなみにレベルは上がってません。…そろそろ上げるかなぁ?

今後の方針
アシタ:剣マス7後、とりあえずチェイスを
イシキ:XXガード取得…の為の温存か? 当面困ってないからな。
ウタゲ:まだサジ矢は上げたくない(TP対効果上)。正直どうしよう。温存?
エイガ:TPバースト
オトギ:TPリカバリ

でも、多分31(今受けたクエに、聖騎士の依頼が)まで上げたら、全員一気に引退のつもり。
名前を同じにするか、別人にするかは悩み中。まぁ演出の問題だけど。
アシタとイシキは脳内設定が楽なんだけど(というかもう思いついている)、他の連中どうやってエトリア去らせようかなあ。
まぁ、ギルドに居ないだけで、例えばエイガは施薬院、オトギは研究に明け暮れてみたりとかでもいいとは思うんだけど。ウタゲ謎すぎ。我ながら。

「リミットか」
長鳴鶏の宿の受付、そこでアシタは手紙を渡された。
イシキが受付の手続きをする間、ウタゲとエイガはシリカ商店へ持ち込む拾得物の確認をし、オトギは自身のガントレットの具合を確かめるようにし、そしてアシタは併設されていた小さなラグソファに腰掛け、手紙に目を通していたのだが。
「リミット、とは?」
漏れ聞こえたアシタのその呟きに、エイガが訊ねる。他の3人もアシタに視線を向け、そして振り向いたアシタは―――この数ヶ月に見たどの彼よりも彼らしくなく―――どこか疲れた笑みを浮かべていた。
「俺はエトリアを去る。急で済まないが」
「なんだと?」
声を上げたのはイシキだ。
「俺にとっても青天の霹靂なんだ。あんまり気色ばまれても困る」
「莫迦を云え、困るのは残る私達だ」アシタに歩み寄るイシキの甲冑が、がしゃがしゃと猥雑な音を立てる。「せめて納得のいく説明を寄越せるんだろうな」
「ああ。そのうえ単純極まりない話なんだが」
ちらりと、アシタはエイガを見やった。エイガは視線で先を促した。
「最初の取り決めに反する。俺の身の上話だ。構わないか」
「ここを去ることは、もう決められたんですね」
「ああ」
「アシタ!」
声を張り上げるイシキに困ったように笑って―――しかしアシタは真顔でイシキを見詰めた。
「イシキ」
「…何だ」
「出来れば、俺はお前にも意味のある話にしたい」
顔を合わせてからの数ヶ月、聞いたこと見たことのない声音と表情のアシタに、イシキは戸惑う。
「―――何を云いたいのか、意味が」
「そこらにしておけ」
割って入った、少し掠れた高い声はオトギのものだ。
「宿の受付での会話にしちゃ、随分と及びすぎだ。荷物を置いて《金鹿》にでも行った方が良くは無いか?」
苦笑さえ浮かべながらのオトギに、アシタはもう、彼女も自分がギルド抜けることを早々に受け入れたのだと知る。
そうですね、とエイガが呟く。
「イシキ、受付は終わっていますね?」
「あ、ああ」
頷くイシキに、エイガは手を出し鍵を求めた。慌てて、イシキは3人部屋の鍵を寄越す。
「じゃあ、荷物置いたら適当に酒場集合でいいか?」
立ち上がり伸びかけたアシタに、「アシタ」それまで静観していたウタゲが、ぽつりと呟いた。
「どうした」
「いつ出るんだ」
「…今訊いてどうする?」
「僕はこれからまた潜る。伐採だ」
ああ、そうか。得心がいって、それから少し、アシタはくすぐったくなった。
この、人にまるで懐かない野良猫のようだった子供(実年齢はともかく、彼の内面は幼い子供のそれの方が近かった)が、見送りとかそういう辺りに結びつくような事を、口にするなんて。
「出来るだけ早く出るつもりだが、それでも一両日中って事はない」
なにせこれから飲むし。それから小さく次いだ。
「説得したい人間が一人いるからな。…割合、重労働に負けて潰れてるかもしれねぇな」
「そうか。―――じゃあ僕は先に行く」
「ウタゲ、荷物は」
「売る分はさっきエイガに渡した。磁軸の陣の前で待ち合わせている」
だから急ぐと言外に告げ、ウタゲはさっさと宿を後にした。
「ウタゲ君の為に、送迎会は別に開いた方が良さそうですね」
エイガが笑った。
「それじゃあ、部屋に行きましょう。イシキ、オトギ。後で酒場で」

即興の割に存外長くなったってことは、私はこのアイウエオを結構気に入ってるってことなんだろうか。
ちなみに「最初の取り決め」っていうのは、これです。

キャライメージは、アイウエオ順に「青ソド男・デコパラ・金レン男・メガネメディ・メガケミ」で。解ってる人しか解らんな。
…あ、公式に全部居るのか。じゃあえーと、アシタイシキウタゲエイガオトギですよ、と。うあぁタグ煩雑(全部別窓)

続けるわけでもなく

ただ何となく世界樹ネタ。
ウチのPT絡みなので、何この名前、って方は、タギングの「世界樹」ってリンクからどうぞ。

随分と面白いことになったなとだけ、“アシタ”は思った。ただ単純に。
確かに、ただの流れ者や冒険者なら、この迷宮に足を踏み入れようなどとは思わないだろう。一攫千金も名声も、全ては低確率の事柄であり、他の仕事なりなんなり―――請負業も含めて―――に従事する方がよっぽど対効果としては上だ。
では何故、アシタがこの地に来る気になったのか。それは第三者から見れば捨て鉢以外の何物でもない行為と動機だった。
こう見えて、アシタの属する“家”は貴族階級で、しかも彼は代々名騎士すら輩出する家系の本家出だ。次男坊故後々分家となる身とはいえ、長男である兄より剣術・戦術に優れていた彼は、領主をすっ飛ばし国王陛下直属の騎士団長にその腕前を見初められる程だった。

だから、彼はそれを捨てた。逃げたわけでも、勿論謙遜した訳でもない。ただ捨てた。
全て捨てて足を向けた先が、この得体の知れぬ地下迷宮だった。
アシタにとっては、本当にただそれだけの事だった。人に訊かれてこう答えたら、真っ先に(多分アシタの出自の時点で)嘘だろうと云われた事も1度や2度じゃ効かないが。

―――これが地下? それこそただの嘘なんじゃねぇのか?
大地の裂け目、《世界樹の迷宮》に足を踏み入れ、確かに己は巨大な樹木の根と根の境目(その根すら、そこらの樹木の幹に劣らない太さであった)から、多種多様の苔に覆われた地面を踏み締め坂を下った・・・・・のだ。それはただの感覚ではなく、地を踏み締めた足の傾斜が彼に伝えた事実だ。
それがどうだ。辺りは陽光としか思えぬ光量を湛え、芽吹いた草花がほのかに揺れる空気に薙ぎ、しかし頭上と周りにはしっかりと張った。
「根だ、よな?」
《迷宮》とされる場所を踏み越えてすぐ。頭上を仰ぐのはアシタだけではなく、他の4人も銘々、その景色に瞠目し、空唾を飲み込んだ。

途中rubyタグ使っているので、IE以外の方はその辺想像で是非。

アシタはほぼ享楽主義。自分にとって面白いか面白く無いかだけで生きる。元々多分どっかが病んでる。だから「明日」なんてどうでもいい話で、彼は「今」でしか生きていない。
剣術は面白かった。純粋に自分が強くなることが判るから。
戦術も面白かった。ゲームとしての側面でも、知識としての側面でも。
ただ、騎士になっちゃうとそれら全てが義務で押しつけで責任があって、規範だなんだってやってらんないからサヨウナラ。

酷い話もあったもんです。いやまぁ、話にすらならないんですが(ダブルミーニングで)。

世界樹・ギルド妄想

「皆さん、こんな死地に来たのには理由が有るんでしょう? どうでしょう、ここはひとつ、偽名にしませんか」
出来るだけ朗らかに。そしてなるたけ警戒心を起こさせないように。
微笑みすら浮かべながら、私は先程集めた冒険者4人の顔を見渡しました。
「それは、貴君が自分の事を語りたくないからか?」
パラディンの女性は、紺碧の瞳でまっすぐ私を射抜きながら訊ねてきました。
「ええ、勿論そうです」
私が肯定を返すとは思っていなかったのでしょう。瞠目した女性がその眉根を寄せる前に、私は再度口を開きます。
「同時に、私はあなた方の何一つ、知りたくはないのです」
世界樹の迷宮。そう名付けられた大地の裂け目、そこに広がる地下樹海。そこにあるものは、富、名声、権威、探求心、好奇心―――そんな“不確定事項”。
ここには全てが存在し、全てが存在しえない。
「私は賛成だ」
長衣に身を包んだアルケミストの女性が、眼鏡の奥にある黒曜の瞳を煌めかせました。
「これから共にするのは、今日これからの私達で十分だ。過去は要らないし、柵も持ちたくない」そこで、彼女は私に薄く微笑いました。「君が言うのも、そういう事だろう? …それとも、ギルドリーダーとしての言葉でもあるのか」
「両方ですね。―――ギルドの作成者だという責任すら、私は貴方方に対し、負いたくはありません」
「正直すぎるのか、それともこれからメディックとしてやっていく為の布石か?」
呟いたのは、ソードマンの男性でした。その長身を壁に凭れ掛けさせたまま、彼は苦笑を浮かべました。
「俺達はこれから、主にアンタの回復術に頼ることになるからな。先に無駄な恨み辛みを浮かべさせない様にするのには、一役も二役も買いそうな台詞だ」
「そう思ってくださるなら、その様に―――ただ、回復術の使い惜しみをするつもりは、私にはありませんよ?」
「そりゃ失礼。…そこのアンタは? 何か意見は無いのか」
ソードマンがそう声を掛けた先に居たのは、レンジャーの男性です。
「僕はどうでもいい」
意外に高い声が、口覆を通して聞こえてきました。
「あなた達がやりたいようにして貰った方が、多分僕にも都合が良い」
「―――では、この様に決めて、宜しいですか?」
私は、パラディンに向き直りました。私以外の3人も、顔と目とを向けています。
「多数決として、押し通せばいいのではないか?」
「それは私の本意ではありません。…認めてくださるとありがたいのですが」
「好きにしろ」
腕を組み直した彼女に合わせ、纏っている甲冑ががしゃりと音を立てました。
「特に合意する理由もないが、同様に反対する理由も無い。その方がやりやすいという人間が多いのであれば、それでいい」
ありがとうございます。礼を述べ、それから私達は漸く、ギルドマスターへの報告・登録準備を始めました。

そして↑のやりとり後決まった名前がコチラ。

 ・アシタ(明日) ソードマン
 ・イシキ(意識) パラディン
 ・ウタゲ(宴)   レンジャー
 ・エイガ(栄華) メディック
 ・オトギ(御伽) アルケミスト

…ていう感じで、「世界樹の迷宮」妄想中。いや、まだ1時間ばかしかプレイしてませんが(笑)
インプレッションはmixiで書いたのでそちらで。←実際の所命名に困った話とか、アホみたいな量書いてしまいましたよー(笑)

リプレイ1-2:通行証。

ええと、このリプレイ私は酷く楽しいのですが、いいでしょうか、こんな記事があっても。
どうでもいいけど、サラトマは最短コマンドだけで進むと(且つ、迷路で道に迷わない前提で)、1時間ちょい有れば終わってしまうことに気付きました。
つうか、通勤の行き帰り([es]でプレイ)で普通に終わったよ……方向野菜取り忘れててウツボラの洞窟でちょっと泣きそうになったよ…

仕方ないのでDQ3をまたポチポチとプレイしていましたが、漸くレベル20代が出てきてくれました(戦士)。チャっくん(魔法使い)の賢者転職まであと経験値数千。…長いんだか短いんだか。
↑未だにテドンの周りでレベルと金稼ぐの頑張ってるわけですよ。
↑なんであのあの辺り装備品がインフレ起こしてるんですか。
↑未だに勇者と戦士は鋼の剣で頑張っています。
↑ゾンビキラーとか買えない。高くて。

リプレイ1-1:柿っ八を拾う。

そんな連想変換はさておいて、サラトマリプレイもどきだよ!
っていうか、キュウリ戦士のキャラが、なんかユキ兄さん@みんクエと被ってます。いかんいかん。<楽なんだあの手の投げっぱなしキャラは…

がるさい1で文章。2

なっちん×まどかちゃん-[若干]→主人公ちゃん×ヒムロッチ、で、姫条一人称
(ややこしい)
(そしてやっぱり続かない)

がるさい1で文章。

主人公ちゃん×ヒムロッチの小ネタ(てきとうな上に続かない)

ry)短編集・2

1の続きっていうかなんというかH17年版。変なおまけ(吉里吉里/KAGの、電子ノベル)付き。
http://epr.s57.xrea.com/mdq/bk/book02/zxzbooks10.htm

ry)短編集・1:

みんクエ上で「皮装幀の豪華本」を使いながらこちょこちょ出していた物を纏めたページ・その1。
http://epr.s57.xrea.com/mdq/bk/book01/zzzbooks10.htm

コンチェルト

19世紀末イギリス風背景+スチームパンク+年下主人と年上従僕+したまえ喋りという、趣味丸出しというかもう遊びすぎな内容。多分少女小説(なんですとー!
みんクエ上で改稿しながらちょこちょこやって、無理矢理終わらせた。そしてdemiさんからイラスト強奪してみたりしましたうふー。
http://epr.s57.xrea.com/mdq/bk/cncrt/index.htm

Pagination

  • Page
  • 1
  • 2

Utility

Calendar

07 2019.08 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Images

Entry Search

Page

  • ページが登録されていません。

Recent Comment

Re:無謀な試み。
2014/09/26 from たけぞう
Re:メトロイドフュージョンにっき(5)
2014/04/29 from さっと
Re:【freo】page_recentlyの改造 (07/04追記)
2014/02/25 from ゆっく
Re:【freo】page_recentlyの改造 (07/04追記)
2013/07/23 from 匿名
Re:トワプリ所感。
2012/11/13 from ゆっく

Recent Trackback

Re:そんなわけで
2009/01/25 from [ E P R ]
Re:手屁っ
2009/01/25 from [ E P R ]

Feed