Entry

Tag: 屍鬼討伐

0016-01 (0032)

 ガレクシンの山々は皆緑豊かであるのだが、このロックバイトだけは別だ。この禿げた岩山は昔、墓地として用いられていたらしい。そして、過去葬られた死体になんらかの作用が働いたものか、徒党を組んで周辺を襲っているのだという。
「んね、ユキヤ、くん」
 背後から聞こえてきた、息も絶え絶えといった声に、俺は首だけで振り向いた。
「あと、どれくらい、で、山、につく、のかな?」
「……いや、山はともかく」いくらこいつでも、ここまでの道程でこれだけ息を荒げるというのは、どう考えても。「お前、どこかおかしくないか?」
 さすがに立ち止まり、チャクの顔を覗き込んだ。熱は無さそうだが、目が充血しているし唇が青い。元々あまり良くない顔色も更に悪くなっていた。
 辺りを見回す。と、丁度、腰を下ろせそうな岩がすぐ側に有った。引きずる様にそこまで連れていき、荷物を降ろさせてから座る様に云う。
「突然風邪をひき始めたとかじゃあ…ないとも云いきれなさそうだが、寒気とかそういうのはないのか?」
「さむ、け? ん~、ええと、背骨と、腰骨の、番い目が、痺れるってゆか…ぞくぞくは…してそうな、してない、様な……あ」
「どうした」
「ひょっと、したら、さっきの」
「さっき?」
 山への道筋には、鬱蒼と木々の繁る森林地帯があった。直射日光に辟易していた俺達は、その森にいたく感激し、そちらへと足を踏み入れた。理想的な木漏れ日の中、しばし歩む。
 ──と。巨大な影が上空を過ぎった。俺とチャクは顔を見合わせ、空を睨む。すると聞こえてきたのは力強い羽搏きと、喉の奥から絞り出す様な鳥類独特の声。襲いかかられる。そう思った時には、俺もチャクもその場から飛び退いていた。数瞬後そこに舞い降りたのは、鶏を巨大化させた様な巨大鳥だ。
 と。鳥はごぅという音と共に、口からもの凄い勢いで呼気を吐き出した。俺は慌てて口元を押さえてから背後に回り、チャクはその場に立ちはだかったまま詠唱を完成させ精霊を操った。精霊に鶏が怯んだ隙に、俺の薙いだ爪(呪いの外套と共に鉄爪を買っていた)が足の腱を断つ。
 それで鶏はどうと横に倒れた。俺達も息を吐いて、じゃあまた山に向かおうと歩を進めたのだが──
「あれ、たぶん、コカトリスだった、んじゃ、ないかな。んで、ブレス、まともに受けた、し、そすると、今のぼく、の症状も」
「…毒か」
「たぶん、ね~」
 ねー、じゃない。俺もチャクも、毒消しなんぞ持っていないのだ。
「悪いが、俺は荷物とお前を同時には抱えられないからな」自分の荷と、チャクの荷を背負う。「なんとか街まで歩いてくれ」
「んね、そういう、時はさぁ、荷物を捨ててでも、ぼく、をこうさ」
「ああ、ウサギに移すなよ」
「移らない、よ~」
 血でも媒介しないととかなんとか、チャクはいちいち云い訳している。あれだけ口が回っているうちは死ぬような事はないだろう。出来る限りで急ぎガレクシンへ戻る。

Pagination

  • Newer
  • Older
  • Page
  • 1

Utility

Calendar

04 2024.05 06
SMTWTFS
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Tag Crouds