Entry

Tag: 探索の基本

0004-02 (0009)

 奇跡だ。まさか、30分で講師が来るなんて。

 いや、解っている。普通人を待たせるにあたり、30分でも長すぎると思うなんて事くらいは。しかし一昨々日に1時間、一昨日は2時間、そして昨日の3時間――いくら俺でも快哉を叫びたくもなる。
 昨晩大人しく修繕を行っておいて良かった。もし2時間(平均を取った)も待たされるのであれば、その時間を使った方が効率も良く、また睡眠時間も長く取れるはずだ。一時そう思ったのだが、それを(結果的に)留めたのは、同室の男だった。
 俺が部屋に戻ると既にふんふんと(昨日同様)読書をしていたチャクは、「おかえりー」と挨拶するやいなや、上衣に開いた穴に興味津々たる声を上げた。説明を求められ、今日あった事を話して居たのだが、いつまで経っても矯めつ眇めつ穴を見続けるチャクにうんざりしてきて、服をひったくる様に奪ってから修繕を始めたのだ。
「ああごめんね、直したかったんだ。そりゃそうだね~」
 買ったら高いしねぇ。のほほんと云うチャクに、コイツがパーティメンバーだったとしたら、まぁ特に気を遣う必要はなさそうでいいかもしれないなどと、(針を動かしながら)ぼんやり思った。ただ単に感情のベクトルを無理矢理上方へ持っていっただけかもしれないが。

 話を今日に戻そう。
 今日の講師はジャネットと云った。「探索の基本」という講座名が示す様に、探索用と思われる道具やらをごてごてと装備して、それをじゃらじゃら鳴らしながら前方を歩いている。話によれば、これから洞窟に向かうらしい。
「ちょっと生活じみた話になるけれど」
 冒険者として登録したからには、やはり何らかの目的が有るものだ。それは金品であったり、好奇心を満たす為であったり、俺より強い奴に会いに行くなんて物であったり。その代表的(と思われる)目的の1つ1つに簡単なアドバイスを頂戴した。主に斡旋公社の利用と道具の個人売買の話だ。
 そんな話を聞きながら岩場に差し掛かった頃、ふと「そこ危ないわ」と前方から声。え、と思う間もなく、足を降ろした岩が崩れ、前方に向かって華麗なダイビングを決めてしまった。
「ごめん、遅すぎたわね」
「いや、俺の不注意ですから」
「ん、でもね」
 彼女も俺同様探索系ギルドの人間ではあるが、“スペランカー”というクラスで登録されている。その名の示す通り、洞窟系の探索に優れているのだそうだ。そういうクラスの人間をパーティに一人入れておけば、こういった探索ではその知覚力に信頼を寄せられるという。逆に、対象クラスたる人間は、その信頼になるたけ答えようとするべきだろうと、ジャネットは云った。
「それで、どこまで話したかしらね」
 そうそう道具の話、と、彼女は腰にくくりつけられていた小袋の1つから、握り拳程度の石を取出した。道幅らしき物が狭くなるにつれ段々と脇に迫ってきていた岸壁に、その石を叩きつける。すると、石の廻りが俄に明るくなった。ランタンや松明と比べ明らかに小型で手軽なこの石(輝石というそうだ)は、今回のような洞窟探索時等に重宝するらしい。《虹色の夜》以降、確かに妙な事は増えたというが、斡旋公社の充実やこれらのアイテム等、職業冒険者にとってはいい環境と云えるんじゃないだろうか。
 暫く歩くと、空虚な穴に出会った。ぱっと見1つの穴に見えるのだが、どうやら二叉路になっている様だ。ジャネットはどちらに進むかは俺に一任するという。ヒヨコにそんな事をやらせると言う事は、彼女はこの場に何度も訪れているか、事前学習の様な事をしてきているかのどちらかだろう。
 とはいえ、自分の責任程度自身で負えないようでは、今後冒険者としてやっていく上で危険に繋がる。気持ち緊張してから、選択を告げた。

0005-01 (0010)

 この養成所に来て初めて、魔獣との戦闘というものを正しく意識しながら戦った様に思う。
 分かれ道たる洞穴の左側に潜り、暫く進んだ所で、半ばが水没した地点に出た。そこには以前、あの椰子の実を採った時に出会した魚と鮫が、食料を求めて待ちかまえていた。全部で4体。
 ふと、思い立った事がある。クラスチェンジ後に行われた講習で説明された、相手を攪乱する為の動き。それを試してみる事にした。踏み込みと膝による、ある種のフェイント。
 ジャネットが鮫を屠ると同時に動く。なんとか巧くいった様に思う。俺に襲いかかろうとしていた魚のアゴは空を虚しく噛み砕いた。そのまま背後に回ると、魚の腹に小刀を突き刺し、振り払った。魚の落ちた辺りが朱色に染まる。ジャネットに振り向くと、彼女は丁度最後の魚を仕留めた所だった。

「今回はどちらに行っても同じだった様だけれど」
 そこは2本有った入口の、合流地点だった。ジャネットはその2つを交互に指差してから続けた。
 「選択する」という事は、必ず「その先」に影響を及ぼす。時間を戻せる道理が無い以上、常にその精神を忘れない事だ、と。
「そんなに重大な事になるなんていうのはさすがに殆ど無いけれどね…でも、ゼロじゃないわ」
 一瞬、そう語る彼女の表情が歪んだ気がした。しかし、途端にすこぶる笑顔を見せると、さぁ行きましょうと歩き出した。何故だか俺は一度振り返り、先の二叉路を眺めてから、彼女の後を追った。

 洞窟は自然の物であったが、その内部にはある程度、人の手が入っていた。例えばそれは先人が残した道標であったり、渡りづらい泥濘の上に敷かれた板であったりしたのだが。
「えーと、ここ」
 ガコン。ジャネットが何の気無しに(と、俺には見えた)壁を触った途端、そんな音がして壁がずれた。その先には、今居るところよりも遙かに狭く天井も低いが、立派な、側道と呼べるものが走っていた。こんな仕掛けが有るという事に、「何故」という事への理由は幾らでも付けられるだろうが、「誰が」となると違ってくる。少なくとも、それだけの知識・知恵・力と理性を持った何かに因るものだ。その「何か」が、出来れば友好的なヒト(マンカインド)である事を、本能の部分で思う。
「さて、この奥には洞窟の主が居るわ。装備は万端?」
 ごつごつした岩肌を、体をくねらせながら何とか避けつつ、先へ進む。
「装備はまぁ…著しい破損なんかは有りませんけど、主、ですか。何者なんです?」
「そうね。端的に云えば」
 勿論、先程の仕組みの件もあり、俺の脳裏では色々な想像が渦巻いていたりしたのだが。
「タコ」
 つまりテュパンは、伊達に海産物の収穫量が多いという訳ではないという事だ。
 (因みに件の収穫量に付いては、旅の船上で読んだ「グローエス・タイムズ」の経済面による)

 まさか、あの仕組みは、あのタコを閉じこめておく事にあったんだろうか。…まさかな。
 館に戻るとすぐ、浴場に向かった。湯船にのんびり浸かりながら(時間が巧い事合致したのか、人気は少なかった)痺れの残る二の腕をさする。そして、洞窟奥での戦闘を思い返した。
 着実に斬りつけ、ダメージをタコ(サイズ的にはルリエフナイト並みだろうか。まぁ、どこからどう見てもタコはタコなんだが)に入れていったまでは良かったが、丁度俺の突き刺した小刀が目を突き破った時、(多分引きはがそうとしたんだろう)その吸盤まみれの脚に上体を絡め取られ、思い切り締められたのだ。直後、ジャネットによってタコは息絶えたのだが、彼女の力を借りても絡みついた脚はなかなか取れなかった(吸盤同士が貼り付いてたりもした)。
 額ににじみ出てきた汗に、湯船の湯を掬って顔を大雑把に流し、また、湯船にもたれ掛かる様に座り直す。

「ヒトって、補い合いながら生活しているじゃない?」
 洞窟を出た頃、ジャネットが零した。今、テュパン、いやグローエス全土には、数多くの冒険者が居る。熟練者であれ、初心者であれ、誰かが誰かを補っているという事実は変わらない。例えばそれは未知なる物への情報であったり、戦利品を市場オークションで融通することであったり。
「そういうのって、ふとした拍子に、なんだか感じ入るのよね」
 二叉路の合流地点。ジャネットが一瞬見せた表情を思い出す。
「ま、この稼業を続けるのなら、そのうちキミも思うのかもね」
 近いのか、遠いのか。それは未だ解らないけれど。

 ふと潜りたくなって、ざぶんと頭のてっぺんまで湯に沈んだ。ゆらゆらと揺れる天井を眺めてから、ゆっくり浮上した。

Pagination

  • Newer
  • Older
  • Page
  • 1

Utility

Calendar

05 2024.06 07
SMTWTFS
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Tag Crouds